新潟インプラントなび★おすすめ歯科クリニックまとめ » インプラントの基礎知識 » 入れ歯との違い

入れ歯との違い

入れ歯は手軽そうだけど、デメリットはない?インプラントとの違いを比べながら解説していきます!

入れ歯ってどんな治療法?

入れ歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。総入れ歯は、あご全体に樹脂製の人工歯をかぶせる形をしており、簡単にすべての歯を復元させることが可能です。部分入れ歯は歯を失った部分の歯ぐきにのみ人工歯をセットする方法を取ります。

手軽に使える点がメリットではありますが、噛む力は本物の歯と比べて20~30%程度に留まってしまいます。また、インプラントと違って歯がずれやすいという点がデメリットです。

入れ歯がカポっと外れてしまう、おじいちゃん・おばあちゃんの映像を見たことがある方も多いはず。取り付け・取り外しが簡単な分、急に外れて慌ててしまうこともあるかもしれません。

インプラントと入れ歯の違い

保険適用で作れる入れ歯は、失った歯を復元させる治療手段としては、治療費がかなり安価で済みます。ただし、安定性は低めです。

入れ歯の場合は、会話中にずれてしまったり、歯ぐきが痩せると合わなくなってしまったりすることも。 ものを噛む以外にも、ときには言葉を発することにすら支障が出やすいのが懸念点です。

インプラントはしっかり噛める

インプラントの場合は、しっかりとあごの骨に土台を埋め込んでから設置するため、健康な歯とほぼ同じように違和感なくしっかりとものを噛むことができます。また、見た目も本物と遜色がないため、一見してインプラントとはわからないでしょう。思いがけないトラブルでもない限り、急に外れることもありません。

入れ歯ならではのデメリットも

入れ歯は柔らかい樹脂素材を使って作られるため、においがつきやすくなります。とはいえ、外出先や人前ではずして洗浄するのが難しいため、常に清潔さをキープできないということを気にする方も多いようです。

健康な歯を取り戻したい、本物の歯と同様にものを噛み、食事を楽しみたいと考える方には、インプラント治療の方が最適になるでしょう。

新潟でインプラント治療をするなら、このクリニック!

「どの歯科クリニックにお願いすればいいの?」と迷っている方に、クリニックの選び方とおすすめクリニックをピックアップしてまとめました!

新潟のおすすめ
クリニックを見る
サイトマップ